志望校合格に向けた勉強法

先生と生徒

学習塾の代表的な活用法

小学校3年生から学習塾に通い始めて、4年間かけて必要な学力を身に着けるのが、名古屋市の代表的な中学受験のパターンです。大手の学習塾が名古屋市内に数多くあるので、志望校や指導コンセプトに合わせて、最適な中学受験コースから選べるでしょう。学習塾に入学した当初は週に2回程度の通学ですが、受験を間近に控えた6年生の場合には、週に4回以上塾に通うケースが中心です。特に算数と国語の学習に力を入れるのが、名古屋のトップレベルの中学受験を制覇するコツであり、学習塾に加えて家庭でも十分に学習時間を確保するべきです。入試に出題される代表的な学習内容が学べるレギュラーコースに加えて、必要に応じて志望校判定模試や単元別の特訓授業も活用するのが一般的です。志望校判定模試の偏差値と合格判定を活用することで、入試に向けての新たな学習戦略が立てられるでしょう。偏差値の高い学校を受験する場合には、名古屋の中学受験塾が用意している、志望校別の対策指導を積極的に活用するのがポイントです。とりわけ大学進学実績に優れている、名古屋市内の名門中学の場合には、算数の応用問題や物理と化学に関連した理科の出題比率が高いです。更に女子校の場合には、男子校と比べて国語の出題内容に特徴があり、小説を題材にした文章読解問題が出題されるケースも多いです。このように中学校によって出題パターンが異なるので、受験情報が豊富な学習塾を活用して、的確な指導を受けるメリットが大きいです。