大学の選び方

大学生

学ぶ期間と目的

大学には、四年制大学と短期大学があります。呼称としては、前者を大学、後者を短大と呼ぶことが多いです。短大は二年制と三年制の二種類が存在します。一般的に、短大は女性が行くものという認識が強い傾向がありますが、男性も学べる短大は少なからず存在します。短大のメリットは、四年制大学に比べて在学期間が短いため、いち早く社会に出られることと、学費の負担が低めであることです。また、専門外のことも含めて幅広い学習を行う大学と異なり、短い期間で専門的なことを集中して学べるカリキュラムになっているため、やりたいことが限定的ではっきりしているという人、早く資格取得などの目的を達成したい人、経済的にあまり学資にかける余裕がないという人に向いています。医療系や看護系、保育系の資格であれば、四年制大学と変わらず取得できるものも多いですから、短大で取得するのもひとつの手段です。また、短大を卒業後、さらに専門的なことがやりたくなったという場合には、短期大学専攻科と言うものも存在します。専攻科は、短大で学んだことをより専門的に深めて学んだり、さらなる資格を取得したり、四年制大学を卒業したのと同じ学士の学位が取得できたりします。学位を取得すれば、大学院への進学資格もできます。進学先としていったん短大を選択したとしても、最終的に大学の学位を目指すことが可能なのです。きちんと計画を立て、目的をはっきりさせて学ぶのに、短大は良い選択肢です。